試験の季節です

こんにちは。web担当です。
今年も造園施工管理技術検定の季節がやって参りました。

飯田林業からも数名が挑戦致します。

一般の方にはあまり馴染みのない資格ですが、
簡単に言うと、建設業の許可を得るために必要な資格なんです。

建設業の許可がないと500万円以下の仕事しか請け負えませんが、
一般建設業許可であれば3000万円まで、特定建設業許可になると3000万円以上の仕事を請け負うことができるんです!

すごいですよね!
一般の邸宅だとなかなかそんな大きな仕事はないですが、公共工事みたいに規模の大きい事業には必要となってきますね。
とくに『公共工事の審査等における本資格の有無による点数加算が行われ、企業の技術力の評価が明確になる』ということで、
この資格の価値が近年ますます高まりつつあります。

さてさて、この資格がどれだけ難しいか、合格率を調べてきました。

平成24年度・1級造園施工管理技士:9.0%(一次合格率23.4%×二次合格率38.6%)
平成23年度・1級造園施工管理技士:6.8%(一次合格率26.2%×二次合格率26.3%)
平成22年度・1級造園施工管理技士:8.3%(一次合格率28.4%×二次合格率29.4%)
平成21年度・1級造園施工管理技士:8.9%(一次合格率35.2%×二次合格率25.3%)
平成20年度・1級造園施工管理技士:6.4%(一次合格率25.2%×二次合格率25.2%)
wikipediaより

なかなか難関ですね(^_^;

後日良い結果がご報告ができるように、スタッフ全員フルサポートで頑張ります!